お腹の脂肪を取る方法 40代はやはり筋トレ!現実は厳しい・・・

尾野真千子 旦那と離婚!子供の親権や離婚理由などについて書いてみた!!

お腹の脂肪など、35歳まで考えたことがありませんでした。

食べても食べても太らず、筋肉こそはありませんでしたが、健康診断でも「痩せ気味」をキープしてきたのです。

しかし年が40になった瞬間、体系に変化が訪れました・・・。

バツイチ40代!!第二の人生の折り返し地点!!

なりたい自分に変わってみせる!!

今回は自分のお腹の脂肪を取る方法に向き合ってみました。


スポンサーリンク




《お腹の脂肪を取る前に、脂肪の種類を認識!》

 

お腹の脂肪を取る方法 40代はやはり筋トレ!現実は厳しい・・・

お腹周りの脂肪・・・今までも何気なく会話で使っていた言葉でしたが、皮下脂肪と内臓脂肪を分けては考えていませんでした。

というより、考えたくなかったのでしょう(笑)

ここでまずはお腹の脂肪の種類を2つ確認してみます!!

 

①皮下脂肪

⇒名前は知っているという人が多いでしょう。

皮下脂肪は手でつまむことができ脂肪で、皮膚の下にある脂肪です。

これだけ聞くと、皮下脂肪=悪みたいに聞こえてしまいそうですが、決してそうではありません。

人間の皮下脂肪は体温を維持するという大切な機能があるのです。

特徴としては、筋肉を燃やさないと落ちにくい脂肪のため、筋肉量が多い男性に比べると女性の方がつきやすいんですね。

もちろん、私も含めて運動不足の人は要注意です!!

 

②内臓脂肪

⇒耳が痛いです(笑)

内臓脂肪とはその名の通り、内臓の周りにつく脂肪をいいます。

男性ホルモンの特徴の一つに、筋肉を使うときに内臓脂肪を貯蓄させるという働きがあるため、皮下脂肪とは反対に!!女性にくらべ男性の方が内臓脂肪がつきやすいと言われています。

要因は・・・耳が痛いですが(笑)、体が必要とするエネルギー以上に食べた時に、消費しきれず溜まってしまったエネルギーこそが内臓脂肪なのです。

書いていて辛くなります・・・。

 

・・・ということで、お腹の脂肪を取る前に、まずは2種類あることを確認してみました!
スポンサーリンク



《お腹の脂肪を取る方法!やはり筋トレだった・・・》

お腹の脂肪を取る方法 40代はやはり筋トレ!現実は厳しい・・・人間は・・・というか、私は楽な道を進もうとします(笑)

イバラの道の先に何かが待っていると分かっていても、なぜか楽な方法を選ぶんですね(笑)

最近はお腹に巻くだけでダイエット・・・的な機械も進化しているようですが、やはりお腹の脂肪を取る方法として筋トレは22世紀になっても変われないように思えます。

とは言っても、筋トレ・・・キツイですよね??

筋肉がつき始めるうと楽しくなるのでしょうが・・・そこまで行く前に挫折してしまうんでしょう・・・。

 

ということで、なりたい自分に変わってみせる!!という意気込みで、再度腹筋を真面目に調べてみました。

一言で腹筋と言っても、意識する筋肉の場所によって方法は異なります。

ということで、横腹の脂肪をなくす腹筋を調べてみたので、解説してみます!!

 

《STEP1》

仰向けに寝て、頭の下で手を組み、膝を軽く曲げる。

《STEP2》

上体を軽く起こしながら、体を左と右に息を吐きながら交互にねじる!
左右にねじったら、上半身を元に戻す!!

これを10回!3セット・・・辛そうです(笑)

ちなみにイメージにするとこんな感じですね。

 

お腹の脂肪を取る方法 40代はやはり筋トレ!現実は厳しい・・・

酵素スムージーとか・・・いろいろと進化した時代ですが、やはりカッコイイ体を作るためには地道な努力が必要なことを実感しました。

 

ということで、なりたい自分に変わってみせる!!

腹筋を頑張って、食べ過ぎ??によって貯蓄された(笑)内臓脂肪の除去を頑張ります!!

スポンサーリンク



ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!