ガラケー女 間違い画像拡散の100万提訴に思うこと!

ガラケー女 間違い画像拡散の100万提訴に思うこと!

あおり運転のガラケー女事件。

全く事実無根にも関わらず、『拡散願います』というデマの被害にあった会社経営者。

発信者と思われる、愛知県の豊田市議を提訴した【民事裁判を起こしたという意味】というニュースが流れました。

慰謝料100万円・・・今回はこのことに関して思うことを書きたいと思います。

ガラケー女 間違い画像が拡散された経緯

ガラケー女 間違い画像拡散の100万提訴に思うこと!

提訴した女性に迷惑をかけるわけにはいきません。

詳細は割愛しますが、今回提訴を受けた豊田市議の男性が自身のSNSに『ガラケー女はこの人だ』と拡散したのがきっかけです。

市議は捕まってほしいという善意で行ったと言っていますが、それを公的に行えるのは警察だけ・・・。

本当の犯人だったとしても、個人的にはNGな行為だったと思います。

 

しかし、そこからが問題でした。

確かに情報発信源は市議かもしれませんが、そこから高校収入を狙ったトレンドブログが数千倍にも拡散の手助けをしたのです。

各自、自分の生活のためや正義感を信じて行った行為なのかもしれませんが、いずれにせよ人の女性の人生をボロボロにしたのは事実。

もちろんガラケー女だと勘違いされた女性は無罪ですが、一人の人間として計り知れない損害を受けた・・・というのが今までの経緯です。

 

一番許されないのは、ガラケー女だと勘違いされた被害者女性の名前と顔写真がいまだにネットに掲載されていること。

弁護士に依頼して、時間こそかかるものの削除はできるでしょう。

しかし、多くの人・・・数えきれない人の記憶に残っていることと、画像キャプチャーをしている可能性から考えると、それすら無意味な行為のような気さえします。

本当に被害者の女性が気の毒・・・というか、客観的に見ても怒りを感じる勘違い事件なのです。

スポンサーリンク



ガラケー女間違い被害者への慰謝料について

ガラケー女 間違い画像拡散の100万提訴に思うこと!

私は弁護士でもありませんし、被害者でもありません。

だからこそ客観的に言えるのですが・・・100万では納得できないですよ。

勘違いとは言え、自分の顔が拡散され、少し大げさに言えば全世界の人間に勘違いされたままです。

実際に勘違いのわけですが、今回の提訴の事実を知らない人は彼女が真犯人と勘違いしたまま事件終了している人もいるかもしれません。

そう考えると『100万提訴??たった100万??いや~億単位の損害でしょ』と思ってしまったのは事実です。

会社経営のわけですし、稼いている金額と社会的な侮辱と失った仕事・・・いろいろ考えても100万って少ないな!と思いました。

 

弁護士を通じての100万円提訴だと思うので、裁判的には妥当な金額だと思うのですが、私だったら100万円では納得できないですね。

全額もらえたとしても・・・やっぱり納得できないと思います。

スポンサーリンク



ガラケー女 間違いインスタについて願うこと

ガラケー女 間違い画像拡散の100万提訴に思うこと!

やはり一番願うのは、平穏な毎日を会社経営者に戻してほしいことです。

実際の容疑者は逮捕されているので刑事事件的には解決に向かっています。

しかし一定の人物の勘違いによる、拡散と広告宣伝費を求める人たちのせいで会社経営者の人生はハチャメチャになっちゃいました。

 

こんな風に言うと『勘違いが証明されたからいいじゃん』ということを言う人がいるかもしれません。

ですが、全く良くなんかないんです。

会社経営の女性には同情と応援の声が集まったのも事実だと思いますが、SNS攻撃や近所の人の冷たい視線など・・・日常生活が行えないほどズタズタに壊されたはずなのです。

それだけではありません。

勘違いされたにも関わらず、会社経営者の女性の実名と顔写真も未だに全世界に拡散されているという事実もあります。

本当に許せない。

 

100万円の支払い命令が下るか??それに関しては私は意見できません。

ガラケー女 間違い画像を拡散された被害者の女性への慰謝料として100万円が妥当か??と聞かれると、それも分かりません。

しかし個人的には1億円くらいの辛さではないか??と思っています。

食事も喉を通らないでしょうし、街を歩くのも辛いはずです。

それに毎日、提訴や復習という気持ちが芽生えて仕方ないはずなんです。

だって私だったらそうしますから・・・

 

私の願いは届かないかもしれないし、無意味かもしれませんがあえて書かせていただきます。

今はお金なんかよりも、会社経営者の女性が仕事に情熱を燃やしていた頃のように、幸せな日常を取り戻してほしい!そう願っています。

 

スポンサーリンク



ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!