ワンブルの電池が単4に変更!電池交換と購入が楽になり、さらに便利になった!

ワンブル 電池交換

首輪型の無駄吠え防止装置【ワンブル】は乾電池を使用しています。

ワンブル 電池

リチウムイオン電池を採用する商品が多い中、愛犬の安全を第一に考えて乾電池を採用しているのです。

 

私はワンブルを利用して数年が経過していますが、乾電池はいいですね(*^▽^*)

リチウムイオン電池は何度か充電していると、すぐにダメになってしまうからです。

 

そんなワンブルですが、乾電池を使用している以上、当然!!電池交換の必要があります。

そこで今回はワンブルユーザー(前期モデル&後期モデル共に利用)である私が、ワンブルの電池と電池交換について解説したいと思います(*^▽^*)

ワンブルの電池が後期から単4に変更!電池交換と購入が楽になった!

ワンブル電池と電池交換

ワンブルは首輪本体とリモコン、共に乾電池を採用しています。

ワンブルは発売当初の前期モデルと、防水・防塵機能を兼ね備えた後期モデルがあるんですね(*^▽^*)

 

こちらが前期モデルです(*^▽^*)

ワンブル電池

発売当初の前期型のワンブルは、以前【4LR44 6V】を使っていたんです(;^ω^)

ワンブル 電池

これが大手電機屋さんにしか売っていなくて、電池の購入が大変なんです!

町の電気屋や、100円均一には売っていないんですよ(;’∀’)

電池交換の際の、スペア購入が何よりも大変でしたね(;^ω^)

 

そんな声が集まったのか??モデルチェンジをして、防水・防塵機能に合わせて、電池も単4電池で統一になったのです。

ワンブル 電池

今でこそ新モデルに買い換えましたが、前期モデルを使っているときは、【4LR44 6V】だけは通販で購入していましたからね(*^^*)

そう考えると、本当に新型もワンブルは良くなったなーと思います(*^^*)

 

ということで、ワンブルは新モデルにモデルチェンジすることによって、単4電池になりました。

電池調達も簡単だし、料金も安めなので、維持費は安くて済むと思いますよ(*^-^*)

 

ワンブルを最安値で!返金保証付きで購入する方法はこちら!

 

ワンブルが乾電池を選んだのは愛犬への《安心》を考慮して!

ワンブル電池と電池交換

恥ずかしい話ですが、無駄吠え防止装置を探している当初はリチウムイオン電池を中心に探していたんです(;^ω^)

amazonで検索すると、3,000円以下の商品も多かったり・・・購入間際までいったのもありました(*^▽^*)

 

でも最終的には数日調べてから、ワンブルにしました!!

理由はISO認定工場で作っている・・・、犬の体を最優先に考えた際の安心&安全というという理由です。

金額も大切ですが、最も大切なのは、家族である愛犬と幸せに暮らせること・・・。

 

そのとき知ったのですが、リチウムイオン電池が火災の原因に成るんですね(-_-;)

ワンブル電池と電池交換

火災になったら、家すら失いますからね(;’∀’)

色々悩んだけど、ワンブルにして本当に良かった(^^)/

 

ということで、難しい話は抜きにしますが、ワンブルは乾電池を使用しているので、ワンちゃんにも(家にも)安心して使えるのです(*^^*)

私はワンんブル本舗の社員でも何でもなく、田舎に住む普通のサラリーマンです。

そんな私ですが、自分の愛犬がワンブルで本当に変わったので、熱弁してみました(*^^*)

これからワンブルの購入、あるいは同類の商品を探している方にとって参考になれれば嬉しいです!!

 

➡ワンブルを5000円オフの最安値で買う方法!

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!