仁科亜季子 ピーターが恋人で、結婚の約束をした禁断の恋の相手だった!

TOMORO(トモロウ) 結婚や彼女の存在が妙に気になる・・・

仁科亜季子さんとピーター(池畑慎之介さん)・・・実は二人は恋人だったってご存知ですか?

12月22日の「爆報!THEフライデー」で、仁科亜季子さんが実名告白する「禁断の恋」の相手はピーター(池畑慎之介さん)だったのです。

今回は男癖が悪いとか、さんざん言われている仁科亜季子さんの、まさに初恋の相手であり、結婚を約束したピーター(池畑慎之介さん)との関係についてまとめてみました。

〖仁科亜季子 ピーター(池畑慎之介さん)が恋人だった〗

仁科亜季子 ピーターが恋人で、結婚の約束をした禁断の恋の相手だった!

これは意外と知られていないのではないでしょうか?

町中の人に仁科亜季子さんのイメージを聞くと、おそらくこんな答えが続くと思います。

●松方弘樹さんの元嫁

●ACの広告で、震災の時に毎日出ていた。

●娘が結婚できなかった。

●息子が浮気したとかで、話題になっていた。

●再婚したけど、また離婚・・・

●恐喝されていたけど、相手が逮捕された。

●がんを4回経験している・・・

という感じではないですかね??(^◇^)

特に2番目の項目のCMに関しては、私はいまでも覚えています。

毎日見たな~。

さて、話を仁科亜季子さんとピーター(池畑慎之介さん)の恋人時代に戻しますが、二人の馴れ初めは幼馴染(^◇^)

何かの番組で共演??と思ってしまう気持ちは分かるのですが、仁科亜季子さんがピーター(池畑慎之介さん)と恋人同士だったときは、まだ仁科亜季子さんは本名の仁科章子のままの状態で、芸能人ではなかったのです。

もともと幼馴染だった二人ですが、17歳から芸能界で超売れっ子のピーターさんに対して、仁科亜季子さんは片思いする立場だったんですね。

ピーター(池畑慎之介さん)が過労で倒れた時に、毎日お見舞いに行ったのが仁科亜季子さんですが、厳密にはそのころから交際がスタートしたようです。

結婚を誓い合った二人・・・。

しかし、仁科亜季子さんが芸能界にスカウトされて、そのことに対して恋人のピーター(池畑慎之介さん)は猛反対!!

芸能界に入ったら別れる・・・と言われたのですが、仁科亜季子さんは芸能界を選んだのです。

 

今のピーター(池畑慎之介さん)を見ると、女性と交際していたと聞くと「マジ?」って思ってしまいますが、仁科亜季子さんとの恋人関係は本当だったようですよ(*^▽^*)

<スポンサーリンク>

〖仁科亜季子 恋人がピーターの時から男癖は悪かったか?〗

仁科亜季子 ピーターが恋人で、結婚の約束をした禁断の恋の相手だった!癌と闘いながら、今でも女性として素敵な雰囲気漂う、女優の仁科亜季子さん。

今回は仁科亜季子さんの恋人がピーター(池畑慎之介さん)だったことを書かせていただきました。

若い頃の「禁断の恋」が実ることはありませんでしたが、もし仁科亜季子さんとピーター(池畑慎之介さん)が結婚していれば、どうなっていたのか??そんな風に考えてしまいました。

 

そんなとき、たまたまヤフーで仁科亜季子さんを検索すると「男癖」というキーワードが浮上したのです。

物事はプラスにもマイナスにも捉えることができると思いますが、個人的には「男癖」という言葉からプラスの意味は感じません。

おそらく、仁科亜季子さんは男癖が悪い・・・という意味を込めたキーワードなのでしょうが、個人的には根拠が理解できないのです。

仁科亜季子さんが浮気した噂は聞いたことはありませんし、おそらく嫉妬だろう・・・と思っています。

 

仁科亜季子さんがピーター(池畑慎之介さん)と交際し、そして松方弘樹さんと結婚・・・離婚後は広告代理店の男性と結婚、そして離婚・・・。

そんな男性遍歴から「男癖」というキーワードが浮上したのでしょう。

さすがに、松方弘樹さんの死去1週間後に、ブログで赤西仁さんの弟の赤西礼保さんとデートした写真は炎上していましたけどね( ;∀;)

仁科亜季子 ピーターが恋人で、結婚の約束をした禁断の恋の相手だった!

これにはビックリしましたが、何はともあれ、私は仁科亜季子さんに浮上する「男癖」というキーワードは否定させていただきたいと思います。

 

3回目の結婚があるか・・・それは分かりません。

ただ、今は二度と癌に苦しむことがないように、自分の体を第一に女優業を頑張ってほしいと思っています。

64歳になられた今も、本当に素敵ですね!!

仁科亜季子さんがこれからも健康に、そして幸せでありますように・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《関連記事:仁科亜季子 若い頃は、ぬれぎぬを着せられることはなかったが、4度の癌との闘いが始まった!》

<スポンサーリンク>

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!