桂あやめ 父親のことを娘に何と説明していたのか?父親不在のシングルマザーの生涯に迫る!

シシドカフカ 親父が相撲力士や芸能人と言われているが、果たして・・・

桂あやめ さんが最初に結婚したのは1988年の当時24歳の時で、4歳年上の証明技師の男性でした。

それから、あの恐ろしい事件に巻き込まれてしまうのです。

「漫才・落語の新人コンクール」で最優秀新人賞に輝いた新人芸人と証明技師の結婚・・・。

桂あやめ さんの人生はその後の離婚と事件に巻き込まれることによって激変するのです。
<スポンサーリンク>


《桂あやめ 父親を選ぶも娘も息子もできないまま離婚》

桂あやめ 父親のことを娘に何と説明していたのか?父親不在のシングルマザーの生涯に迫る!

 

「爆報!THEフライデー」に出演する、桂あやめ さん。

伝説の事件の5人目の被害者ということで、番組に出演するようなのです。

ここでは痛ましい事件のことではなく、桂あやめ さんの娘の父親について注目してみます。

 

桂あやめ さんが最初に結婚したのは、冒頭でも書かせていただきましたが24歳だった1988年した。

お相手はおそらく職場恋愛だったのでしょう・・・。

桂あやめ さん本人もちょうど若手の登竜門「漫才・落語の新人コンクール」で最優秀新人賞に輝き、落語家として活躍する時期だったので、苦労を分かち合った人なのかもしれません。

当時にこの言葉を使っていたかは不明ですが、少なくとも「デキ婚」ではありませんでした。

 

2人が子供を欲しかったのか?それは分かりません。

しかし旦那さんと桂あやめ さんは3年後、結婚生活を終えてしまいます。

その後に桂あやめ さんは一生忘れることができない事件に巻き込まれるのです。

私はその時ふと思いました。・

仮に・・・桂あやめ さんが結婚しているままだったら、事件に巻き込まれていたのか?と・・・。

人の人生は選択と決断の連続です・・・誰もその答えを知ることはできません。

ただ、確かなことは桂あやめ さんは離婚し、事件に巻き込まれた・・・という事実だけです。
<スポンサーリンク>


《桂あやめ 娘を出産するも、父親は謎のまま・・・》

桂あやめ 父親のことを娘に何と説明していたのか?父親不在のシングルマザーの生涯に迫る!

 

私の知人でも『子供が産みたい!結婚したわけじゃない』という女性がいます。

女性から見れば理解できるかもしれませんんが、男性から見れば理解できない発言ではないでしょうか?

結婚はしなくてもいいから、子供が欲しい・・・。

桂あやめ さんがそう思ったのかは不明ですが、今の彼女に夫はいません。

桂あやめ さんは38歳の時に最愛の娘を授かりますが、その男性とは結婚していないのです。

女性が子供を産み、それでも結婚しない理由には・・・

①人間的、経済的理由から籍は入れたくない
②籍を入れて父親になってほしいけど、既に既婚者(不倫)
⓷多くの男性が候補者で、父親が誰か分からない
④娘の父親は特定できているが、入籍前に死別

というパターンが考えられます。

桂あやめ さんが娘の父親と結婚しなかった理由は不明ですが、①か②ではないでしょうか?

それは第3者がとやかく言うことではないのですが、やはり気になりますよね?

それに第3者が考えがちな(笑)、桂あやめ さんの再婚の可能性ですが・・・子供が独立して結婚していれば、あり得るかもしれませんね。

ただ、一度離婚を経験しているので、結婚に対して苦い思い出しかない場合は難しいでしょう・・・。

 

ということで、今回は有名な事件に巻き込まれた桂あやめ さんに注目してみました。

桂あやめ さんの娘の父親が誰か??という問題ですが、解決はしないと思っています。

なぜなら、桂あやめ さんはこれからも娘に父親がいないことは言わないはずだからです。

今はただ、桂あやめ さんと娘さんが幸せに暮らしていることが一番大切なのですから・・・。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
<スポンサーリンク>


ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!