筧美和子の口元歪んでる理由と鈴木ちなみの顔のゆがみは同じ理由だった!?

早見優 膣痙攣事件は神田正輝ではないか??とあるが・・・

筧美和子さんも、鈴木ちなみさんも大好きなタレントさんで、お二人ともとても魅力的ですよね?
お二人とも爽やかな印象が共通しているのですが、実はもう一つ共通点があるのです。

それは顔の口元にゆがみがあること・・・。

これは病気なのでしょうか?それとも・・・。

今回は筧美和子さんと鈴木ちなみさんに以前から噂されていた、顔の口元部分のゆがみの原因についてクローズアップしてみました。

《筧美和子 口元が歪んでるのは本当なのか?》

筧美和子の口元歪んでる理由と鈴木ちなみの顔のゆがみは同じ理由だった!?

筧美和子さんと言えば「テラスハウス」で大ブレイクしたタレントさん。

男性の目を釘付けにするプロポーションと、爽やかな笑顔が印象的ですが、以前から口元が歪んでると話題になっていました。

そこで私も筧美和子さんを改めて確認・・・

確かに歪んでいるように思えます。

これは病気なのでしょうか?

たしか以前、女優のともさかりえ さんの口元の歪みが気になって調べたことはあったのですが、ともさかさんの場合は顎変型症だったと記憶しています。

果たして筧美和子さんは同じ顎変型症なのでしょう?

ここで、もう1人気になる美人をご覧ください。
<スポンサーリンク>


《鈴木ちなみ 顔の口元のゆがみも同じか?》

筧美和子の口元歪んでる理由と鈴木ちなみの顔のゆがみは同じ理由だった!?

最初は何かのレポーターだったような気がしたのですが・・・いつの間にか、すっかりビックになりましたね(笑)

笑顔がここまで素敵な女性は、男性からも女性からも人気があるのではないでしょうか???

さて本題!!

鈴木ちなみさんの顔の口元は本当にゆがみがあるのでしょうか???

確かに・・・歪んでいます・・・。

素敵な笑顔は健在ですが、口元のゆがみは感じますね。

これは先ほど出てきた顎変型症なのでしょうか??

 

《筧美和子の口元が歪んでる理由と鈴木ちなみの顔のゆがみの理由は?》

筧美和子の口元歪んでる理由と鈴木ちなみの顔のゆがみは同じ理由だった!?

確実なことは分かりませんが・・・おそらく生活習慣だと思います。

生活習慣・・・分かるようで分からない漠然とした言葉になってしまいましたが、結構大切なことです。

分かりやすく箇条書きで書いてみましょう!!

 

①食べ物を食べるとき、歯が痛いせいか?癖なのか??右が左の片方だけで噛む癖が何年にも及んでいる。
そうすることによって、片方だけの筋肉と顎を使っている。

②スポーツや日々の仕事などで、片方の体だけ多く使う習慣がある。

③日常生活で、足を組んだり、ほおづえを付いたりする癖があり、常に姿勢が悪い状態を維持している。

 

ということが原因で多いようです。

足を組む癖・・・あります私も(笑)
<スポンサーリンク>


《顔の口元のゆがみを放っておくと大変な病気に?》

筧美和子の口元歪んでる理由と鈴木ちなみの顔のゆがみは同じ理由だった!?

さて、これらの生活習慣を直さずに続けていると、顔の口元のゆがみが出るとのことですが、本当に恐ろしいのはその先にある病気なんです!!

口の歪みを分かっていながらそのまま放っておくと、身体はその歪んだバランスのまま保とうとします。

無意識に保とうとするほど、人間の体は優秀なのです。

結局、それによって頭痛や首の痛み、肩こりや背中の背中や手足の痛みにつながると言われています。

私も車の免許を取り立ての時、なぜか30分で肩が上がらないほどの肩こりに悩まされていました。

でもそれは私の運転姿勢に問題があり、後部座席に座っていた人曰く、ずっと右肩が下に下がり、左肩が上がっていたそうです。

口元が歪んでいたかまでは見ていなかったようですが(笑)、少しは歪んでいたかもしれませんね。

 

なお先程書いた肩こりや首の痛みなどを更に放っておくと、目の疲れや不眠、冷え性、うつ病につながるとも言われています。

なので、顔の中で口元が歪んでいる・・・というのは笑い話では済まされないんですね。

ちなみに、筧美和子さんも鈴木ちなみさんもテレビに出るのが仕事ですから、しっかりと改善に取り組んでいると思いますよ。

それにお二人の場合は、多少歪んでいても、それが個性になって魅力をさらに引き立てているようにも思えますしね。

 

ということで、今回は笑顔が素敵で爽やかなタレントの筧美和子さんと鈴木ちなみさんの顔の口元が歪んでいる・・・ということにクローズアップしてみました。

すぐに!ということではありませんが、口元の歪みがある場合放っておくと予期せぬ病気になる可能性があるので、気付かれた方は改善をオススメします!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
<スポンサーリンク>


ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!