藤村俊二 死去した今、若い頃の伝説が蘇っている!多くの人に愛された俳優を惜しむ声が後を絶たない!!

伊藤咲子 若い頃は病気とは無縁の健康的で素敵な女性だった!

藤村俊二さんが亡くなることで、現在は彼が若い頃の伝説が蘇ってます。
ベンツをこよなく愛した藤村俊二さんという男の生き方・・・。
今回は亡くなることで注目を集めている、藤村俊二さんの若い頃の伝説を今一度振り返ってみたいと思います。

【藤村俊二 現在 亡くなることで蘇る若い頃の伝説】

藤村俊二 死去した今、若い頃の伝説が蘇っている!多くの人に愛された俳優を惜しむ声が後を絶たない!!

藤村俊二さんのように、有名な芸能人が亡くなると、若い頃の画像などが検索される傾向にありあす。
藤村俊二さんも例外ではなく、若い頃から活躍されてきた方なので、検索されているようです。

普通、芸能人の場合は若い頃の出演作品や画像などが検索される傾向がありますが、藤村俊二さんの場合は少し違いました。
なんと、彼の場合は若い頃の伝説!!が注目されているのです。

藤村俊二さんのニックネームは「おヒョイさん」。
なんで??と思われるかもしれませんが、それこそが藤村俊二さんの若い頃の伝説に大きく関係しているのです。

ちなにみ藤村俊二さんが亡くなることで現在注目されている若い頃の伝説は以下の2つです!!

★出演する番組中にエキストラ出演を頼まれることも多かった藤村俊二さん。
しかし、本人としてはそれが嫌だったらしく、なっとヒョイっといなくなることから、おヒョイと呼ばれるようになった・・・という伝説!

★以前に、藤村俊二さんが接触事故をした時、大した傷ではないにも関わらず、事故の相手の方が非常に騒いだのに対して、「いいですか?本当の衝突とはこういうものです」と言い放って、自分の車に乗り込み、相手の車に思いっきりぶつけなおした・・・という伝説・・・。

藤村俊二さんの若い頃の伝説として語り継がれる2つのストーリー・・・噂で確証はありませんが、本当でしょうか?

二つ目の事故の話は、事故の相手の方も非常に驚かれたと思います。
相当昔の話だと思いますが、お互いに怪我がないことを願うばかりですね。
<スポンサーリンク>


【藤村俊二 現在も語り継がれる手術の際の思いやり】

藤村俊二 死去した今、若い頃の伝説が蘇っている!多くの人に愛された俳優を惜しむ声が後を絶たない!!

藤村俊二さんの死因は心不全ですが、彼が大病したこで話題になったは過去に大手術をした胃がんでした。

ちなみに、藤村俊二さんは53歳で肺気胸の手術をし、56歳で胃がん摘出手術で胃の3分の2を摘出!そして64歳大動脈瘤の手術をされています。

見ているだけで壮絶さが伝わってくる大手術ですが、個人的に感動したのは胃がんの手術の際の、藤村俊二さんの周囲の人への配慮でした。

後にレビで告白した胃がんの摘出手術ですが、手術の際は人には言わなかったそうです。
周囲の人に手術と言えば、心配をかけてしまう・・・そんな配慮から、なんと藤村俊二さんは予めお土産を用意しておき、手術の期間は海外ロケで留守にする!!と公言していたそうなんですね。

自分の体が大変な時にも関わらず、周りの人に心配をかけまい!!という藤村俊二さんの優しさには本当に驚きました。

今回の心不全が過去の手術と関係があるかは分かりませんが、最後は海が見える亀田病院で過ごしていたと言われており、美人の看護師さんがいるという噂なので(あくまでも噂ですが)、幸せな病院生活をお過ごしになられたのかもしれませんね。
そう願っています・・・。
<スポンサーリンク>


【藤村俊二の死去!現在も悲しみが止まらない】

藤村俊二 死去した今、若い頃の伝説が蘇っている!多くの人に愛された俳優を惜しむ声が後を絶たない!!

今回は心不全のために亡くなることになってしまった藤村俊二さんの過去の病気や若い頃の伝説につてまとめてみました。

見た目も温厚で優しそうなおじさまは、手術の時に周りの人を思いやる、本当に心優しい人だったのです。

ベンツを愛するファンは全世界にたくさんいますが、280SLが似合う男性は私の中では藤村俊二さんが一番だと思っています。

 

亡くなることで、現在になって藤村俊二さんの魅力を再確認することになりました。
是非、追悼の意を込めて、「ぶらり途中下車の旅」の総集編を放送してほしいと願っています。

縁起も大好きでしたが、私は「ぶらり途中下車の旅」で流れる彼のナレーションが大好きでした。
イライラしたときも、不思議と落ち着く気持ちにさせてくれる・・・そんな声だったのです。

藤村俊二さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
今まで素敵な笑いと感動、そしてナレーションをありがとうございました。
安らかにお休みください・・・。
<スポンサーリンク>


ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!